スポンサーリンク

【Hour of Code】自分だけのバスケットボールゲームのコードを書く

2018年12月14日

久しぶりにHour of Codeでプログラミングをしてみようと思います。
「バスケットボールゲーム」のプログラミングです。
スポーツ少年少女たちもバスケットボールゲームなら興味を持って始めやすいんじゃないかな?

【Hour of Code】自分だけのバスケットボールゲームのコードを書く

【Hour of Code】自分だけのバスケットボールゲーム

「自分だけのバスケットボールゲーム」の内容

かんたんなピンボールゲーム。
バスケットボールが上から落ちてきますので、手で上にバウンドさせてゴールネットを揺らしましょう。
壁にボールが当たったらボールはバウンドします。
ボールが手から落ちたら相手のポイントになってしまいます。
相手が2ポイント取ったらゲームオーバーです。

「自分だけのバスケットボールゲーム」の対象

対象: 初心者向け
対象年齢: 小学年生から
トピック: コンピュータ科学のみ
学習時間: 約1時間

Hour of Code

Hour of Code は、「コード(プログラミング)」の謎を解き明かし、全ての人が基本を学ぶことができることを示し、コンピューターサイエンス分野の幅広い参加者に向けて作成された、1時間のコンピューターサイエンス入門として始まりました。
「なぜコンピュータサイエンスなのですか?」の問いに対し、「すべての 生徒にコンピュータサイエンスを学ぶ機会があるべきです。
それは、問題解決能力、論理的思考、創造性を育むことを助けます。早くから始める事により、生徒は 21 世紀のキャリアで成功するための基礎を獲得します。」と答えています。

Hour of Codeの公式サイト

さぁ、自分だけのバスケットボールゲームのコードを書く【Hour of Code】でプログラミングをはじめよう。

Hour of Code】自分だけのバスケットボールゲームのコードを書く1

真ん中のオレンジ色の「始める」ボタンをクリックして、スタートです。

【Hour of Code】自分だけのバスケットボールゲームのコードを書く2

日本語になってるのを確認して、青色の「送信」ボタンを押しましょう。

【Hour of Code】自分だけのバスケットボールゲームのコードを書く3

ビデオを見ると、NBAの名選手が出てきてビックリします。
スポーツで成功するのにも小さいころからの努力が必要なことを教えてくれます。
「がんばって。誰でも学ぶことができます。」のビデオにはバスケットだけじゃなくテニスなど他のスポーツの名選手も登場し、「成功は体だけでなく心も鍛えてくれる」こと、そして「PUSH YOURSEKF」とあなたを後押ししてくれます。

【Hour of Code】自分だけのバスケットボールゲームのコードを書く4

ステージ1の問題

【Hour of Code】自分だけのバスケットボールゲームのコードを書く5

ステージ2
左のブロックには「左に移動」
右のブロックには「右に移動」を入れます。
カンタンですね。

【Hour of Code】自分だけのバスケットボールゲームのコードを書く6

ステージ5
ピンボールのようなゲームを作っていくので、「手に当たったとき」「壁に当たったとき」のいずれもボールがバウンドするように設定していきます。

【Hour of Code】自分だけのバスケットボールゲームのコードを書く7

ステージ6
ゲーム性を高めるために、ボールがゴールに入ったらポイント追加、ボールが手から落ちたら相手のポイントになるように設定していきます。

【Hour of Code】自分だけのバスケットボールゲームのコードを書く8

ステージ7
「ブロックたち」はすべて使いきらないと、ステージはクリアにならないので注意しましょう。
新たにボールや手の速度などが加わっています。
いったんできたら実際に動かしてみて不具合を調整するのが良いプログラミング方法です。

【Hour of Code】自分だけのバスケットボールゲームのコードを書く9

ステージ8
これが最終問題です。
NBAの好きなチームに変えられるようになりました。
速度や手の色など、色々変えてみて好みのゲームを作り上げましょう。
できたらオレンジ色の「おわり」ボタンを押して終了です。

【Hour of Code】自分だけのバスケットボールゲームのコードを書く12

修了できると、修了証明書を発行してくれますよ。

HourofCodeには習熟具合に応じてほかにも様々なレベルのプログラミング学習ゲームが掲載されていますよ。

最初は誰だって初心者です。
やりながら順番に覚えていきましょう。
さぁ、プログラミングをはじめましょう。