スポンサーリンク

【Hour of Code】コンピュータサイエンスの基礎コース:コースA(幼稚園児向け)

2018年8月14日

プログラミングをパズルで終わらせないために、できることはないでしょうか?
より実践的なプログラミングが学べるものを探しています。
この記事は、そんな方へ向けて書いています。
Hour of Codeでは、コンピュータサイエンスが初めてな学生向けに、基礎的なカリキュラムが用意されています。
今回は、その中でも一番初歩的な「コースA:幼稚園児向け」を紹介します。

【Hour of Code】コンピュータサイエンスの基礎コース:コースA幼稚園児用

コンピュータサイエンス(Hour of Code)

コンピュータサイエンス

「コンピュータサイエンス」とは、コンピュータの考え方と、動き方を勉強することです
Hour of Code は、「コード(プログラミング)」の謎を解き明かし、全ての人が基本を学ぶことができることを示し、コンピューターサイエンス入門として始まりました。
「なぜコンピュータサイエンスなのですか?」の問いに対し、「すべての 生徒にコンピュータサイエンスを学ぶ機会があるべきです。それは、問題解決能力、論理的思考、創造性を育むことを助けます。早くから始める事により、生徒は 21 世紀のキャリアで成功するための基礎を獲得します。」と答えています。

コンピュータサイエンスの基礎コース

コンピュータサイエンスの基礎コースは、約15レッスンを1単位として、または1学期に履修することができます。
このカリキュラムは、2017コンピュータサイエンス教師協会(CSTA)の基準に加え、関連する各国の数学、英語芸術、科学の基準に沿っています。
小学校のカリキュラムは、学生が他の科目でも成功するのを助けることができます。
Outlier Research&Evaluationによる最近の研究調査によると、3番目から5番目のレベルのCode.org教室では、豊富な教師と一緒に英語、数学、および科学の標準化されたテストで高い得点が得られることが分かっているそうです。

基礎コースのコース選択

コースA:幼稚園児向け
コースB:1年生向け
コースC:2年生向け
コースD:3年生向け
コースE:4年生向け
コースF:5年生向け

より包括的なコース
Pre-reader Express:コースAとコースBの総合
Expressコース:コースCからコースFまでの総合

さぁ、コンピュータサイエンスコース の基礎コース:コースA幼稚園児用でプログラミングをはじめよう。

【Hour of Code】コンピュータサイエンスの基礎コース:コースA(幼稚園児向け)1

下にスクロールして、コースAFからコースAを選択し、「view course(コースを見る)」というオレンジのボタンをクリックしましょう。
レッスン1. デバッグ: 気づかれていないバグの横のダイヤマークをクリックすると、動画が始まります。
英語が初期設定されていますので、右下の歯車マークをクリックして「字幕」から「自動翻訳」を選び、一番下までスクロールさせて「日本語」を選択しましょう。

観終わったら、「次へ」をクリックしてください。

ステージ4になってはじめて手を動かすことが始まります。
最初のうちは、マウスを使ってドラッグすることを覚えましょう。
下地のように絵をパズルのように完成させるだけなので、カンタンのはず。

ステージ6:迷路のプログラミング

【Hour of Code】コンピュータサイエンスの基礎コース:コースA(幼稚園児向け)2

ステージ6は、赤い鳥さんを緑色の豚さんのところまで移動させるプログラミングです。
分からないときは、問題文の上にある黄色いランプをクリックすると、ヒントがもらえます。
問題文の下に「ワークスペース7/7」などの数字が入っています。
これは最小のブロック数。
仮に鳥さんを移動させられても、ブロックが多ければ、もっと簡単にたどり着ける方法があるはずなので、もう一度挑戦してみましょう。

【Hour of Code】コンピュータサイエンスの基礎コース:コースA(幼稚園児向け)3

これがステージ6の最終問題です。
鳥さんの動ける範囲がとても広くなってきました。

ステージ9:繰り返し集める

【Hour of Code】コンピュータサイエンスの基礎コース:コースA(幼稚園児向け)4

ステージ9は宝石を採るために動くプログラミングです。
ブロック数を減らすために、繰り返し(ループ)が出てきました。

【Hour of Code】コンピュータサイエンスの基礎コース:コースA(幼稚園児向け)5

繰り返しに繰り返しを重ねると、より複雑なプログラミングが、より簡単になりました。

【Hour of Code】コンピュータサイエンスの基礎コース:コースA(幼稚園児向け)6

ステージ9の最終問題の答えを少し。
ダイヤを全部採ることができました。

ステージ10:アーティスト繰り返し

ステージ10は線を描いていくプログラミングです。

【Hour of Code】コンピュータサイエンスの基礎コース:コースA(幼稚園児向け)7

ステージ12:プレイラボのイベント

ステージ12が最終ステージになります。
ブロックには、「もし上カーソルをクリックしたら」「もしワンちゃんをクリックしたら」などの条件文や「音を再生する」「背景をセットする」が初めて出てきました。
分からないときは、動画で学んだり、黄色のランプでヒントを得ましょう。

【Hour of Code】コンピュータサイエンスの基礎コース:コースA(幼稚園児向け)8

【Hour of Code】コンピュータサイエンスの基礎コース:コースA(幼稚園児向け)9

これがステージ12の最終問題です。
最終問題をクリアすると、コースAの修了証がもらえました。

最初は誰だって初心者です。
やりながら順番に覚えていきましょう。
さぁ、プログラミングをはじめましょう。