スポンサーリンク

本「プログラミング教育が変える子どもの未来 AIの時代を生きるために親が知っておきたい4つのこと」

2018年8月15日

「そもそも、なぜプログラミングを学ぶ必要があるの?」
子どもたちが「プログラミング」に出会ううえで、大人はどういったサポートができるのでしょうか?」
この記事は、そんな方へ向けて書いています。
そうした疑問に答え、「プログラミング教育」について考えるヒントを紹介してくれる本「プログラミング教育が変える子どもの未来 AIの時代を生きるために親が知っておきたい4つのこと」を紹介します。

本「プログラミング教育が変える子どもの未来 AIの時代を生きるために親が知っておきたい4つのこと」

「プログラミング教育が変える子どもの未来」の趣旨・目的

2020年から、小学校でのプログラミング必修化が決まりました。
読み書き計算と同じように、新しい時代の「教養」として今、コンピューターやプログラミングの基礎を学ぶことが期待されています。
しかし現状はまだ、指導の方法や教材に一定のモデルがありません。
期待や希望が持たれる一方で、多くの情報があふれ、子どもたちをどうサポートすべきか、不安な気持ちを抱えている保護者の方・教育関係者の方は多いことでしょう。
本書は、子どもたちが「プログラミング」に出会ううえで、大人はどういったサポートができるのか、そしてどう一緒に楽しめるのか、わかりやすくお伝えする一冊です。

「プログラミング教育が変える子どもの未来」の感想

本書は、なぜプログラミングを学ぶのか?を出発点に、親子で楽しむプログラミング、学校のプログラミング教育、という順で構成されています。
あくまでプログラミングは自分のやりたいことのための「道具」なんだということ。
家庭でお子さんに興味を持たせるための、分かりやすいフローチャートなどがとても参考になりました。