スポンサーリンク

【Scratch】「宇宙で迷子」Lost in Spaceを作ろう!<レベル1>

2019年5月2日

新しくなったScratch3.0で「宇宙で迷子」Lost in Spaceを作っていきます。
カンタンなScratchの題材でScratch3.0の使い方も学んでいきましょう。

【Scratch】「宇宙で迷子」Lost in Spaceを作ろう!Scratch3.0

さぁ、【Scratch】「宇宙で迷子」Lost in Spaceを作ろう!Scratch3.0でプログラミングをはじめよう。

【Scratch】「宇宙で迷子」Lost in Spaceを作ろう!Scratch3.0で学べる知識

・Scratch3.0の使い方
・繰り返し(ループ)
・座標
・角度

まずは【Scratch】「宇宙で迷子」Lost in Spaceを作ろう!」の工程をかくにんScratch3.0

  1. ネコのスプライトを削除し、ロケットと地球のスプライトを追加
  2. 背景を「stars」に変更します
  3. ロケットを横向きに変更
  4. ロケットのコードを書く
  5. 徐々にロケットを近づけていく
  6. サルのスプライトを追加し、回転するコードを書く
  7. 岩のスプライトを追加し、地球に向かうようにコードを書く
  8. 星のスプライトを追加し、大きくなったり小さくなったりするコードを書く
  9. バグ(不具合)を修正し完成です!

1 ネコのスプライトを削除し、ロケットと地球のスプライトを追加/「宇宙で迷子」Scratch3.0

ネコのスプライトを右クリックして削除します。

ネコのスプライトを削除し、ロケットと地球のスプライトを追加/「宇宙で迷子」Scratch3.0

右下のネコマークからスプライトギャラリーからロケットと地球をさがして、追加します。

ネコのスプライトを削除し、ロケットと地球のスプライトを追加/「宇宙で迷子」Scratch3.0
ネコのスプライトを削除し、ロケットと地球のスプライトを追加/「宇宙で迷子」Scratch3.0

2 背景を「stars」に変更/「宇宙で迷子」Scratch3.0

右下のネコマークの隣りにある背景マークをクリックして背景ギャラリーの中から「stars」をさがして、追加します。

背景を「stars」に変更/「宇宙で迷子」Scratch3.0
背景を「stars」に変更/「宇宙で迷子」Scratch3.0

3 ロケットを横向きに変更/「宇宙で迷子」Scratch3.0

コスチュームから好きなロケットを選んで、編集画面でクリックします。
そうすると、四角くふちどられた線が出てきます。
それと同時にひげのような先っちょが現れているはずです。
その先をドラッグすることで、ロケットは回転します。

ロケットを横向きに変更/「宇宙で迷子」Scratch3.0
ロケットを横向きに変更/「宇宙で迷子」Scratch3.0

4 ロケットのコードを書く/「宇宙で迷子」Scratch3.0

まずロケットは左下に縦向きで位置し、発射することで右上の地球に向かうようにしていきます。
スタート位置は、座標で確認します。
1秒後に画面の中央にロケットが移動するようにします(下記画像にはありませんが、1秒後のロケットの位置はx座標、y座標ともに0の位置です。)
できたら一度、緑色の旗をクリックして動作確認します。

ロケットのコードを書く/「宇宙で迷子」Scratch3.0
ロケットのコードを書く/「宇宙で迷子」Scratch3.0
ロケットのコードを書く/「宇宙で迷子」Scratch3.0

【Scratch】「宇宙で迷子」Lost in Spaceを作ろう!Scratch3.0でプログラミングを少し応用

5 徐々にロケットを地球に近づけていく/「宇宙で迷子」Scratch3.0

4で作ったコードのうち、最後のコードを削除します。
そのかわりに、ロケットが少しずつ地球に近づいて行くようにしましょう。
ついでに、ロケットの色と大きさも変化するようにします。

徐々にロケットを地球に近づけていく/「宇宙で迷子」Scratch3.0

6 サルのスプライトを追加し、回転するコードを書く/「宇宙で迷子」Scratch3.0

ロケットや地球と同じ要領でサルを追加します。
大きさを少し小さく調整します。
サルは宇宙空間で迷子になっていますから、浮遊している感じに、ずっと少しずつ回転するようにしましょう。

サルのスプライトを追加し、回転するコードを書く/「宇宙で迷子」Scratch3.0

7 岩のスプライトを追加し、地球に向かうようにコードを書く/「宇宙で迷子」Scratch3.0

今度は岩も宇宙空間で浮遊しているようにしていきます。
岩は地球に向かって端から端を動いていくように設定します。

岩のスプライトを追加し、地球に向かうようにコードを書く/「宇宙で迷子」Scratch3.0

8 星のスプライトを追加し、大きくなったり小さくなったりするコードを書く/「宇宙で迷子」Scratch3.0

星は点滅するかのように、大きくなったり、小さくなったりしていたほうが臨場感があります。
そこで、大きくなったり小さくなったりを繰り返すように設定します。

星のスプライトを追加し、大きくなったり小さくなったりするコードを書く/「宇宙で迷子」Scratch3.0

9 バグ(不具合)を修正し完成です!

一度動かしてみます。
特に問題はありませんでした。
これにて完成です。

参照サイト

Code Clubのスクラッチプロジェクト