スポンサーリンク

本「たのしくまなぶPythonプログラミング図鑑」

スクラッチからのステップアップとして、本格的なプログラミングをはじめるのに何か良い教材はないでしょうか?
この記事は、そんな方へ向けて書いています。
プログラミング図鑑シリーズの本「たのしくまなぶPythonプログラミング図鑑」を紹介します。
pythonは、世界中で広く使われている言語です。
機械学習やデータサイエンスなどで使われてることでも有名ですね。

本「たのしくまなぶPythonプログラミング図鑑」

本「たのしくまなぶPythonプログラミング図鑑」の内容

人気のパイソンを学ぶための最高の入門書
2020年より小・中学校でプログラミング教育が本格化――
人気の言語「パイソン」を習得するための最高の入門書が登場。
プログラミングの手順を1ステップずつやさしく解説。
カラフルなイラストや興味をひくプロジェクトを通して、Pythonの基本が楽しく学べます。
絵を描いたり、動きのあるグラフィックを作ったり、かんたんなプログラムで動く
おもしろいゲームを作ったり、この本一冊で基礎の習得から実践までカバー。
【プロジェクトの例】
・動物クイズ:3回答えるあいだに正解を出そう!
・スパイラル:ふくざつな模様がかんたんに描けるぞ!
・星空:カラフルな星がつぎつぎ夜空に出現するよ!
・ペットをかおう:お世話をすると喜んだり、放っておくと悲しんだりするぞ!
・はらぺこイモムシ:葉っぱを食べるとどんどん成長していくぞ!

本「たのしくまなぶPythonプログラミング図鑑」を読んだ感想

子どもを対象にしたプログラミング図鑑シリーズらしい、イラストや初歩的な解説がいっぱいです。
コードの1行1行に矢印で解説があって、ホントにわかりやすいです。
コードを間違えそうな箇所や、ポイントとなる箇所には、「うまくなるヒント」が添えられています。
順を追って、ゲームなどを作り込むときには、フローチャートで論理的に教えてもくれます。
最初の方には、変数・関数・繰り返し・座標などスクラッチなどで学んだことが出てきます。
スパイラルや星空などの幾何学模様をつくるところは、Hourofcodeでも学んだところですね。
「はらぺこイモムシ」やトランプゲームの「スナップ」、「エッグキャッチャー」は是非作ってみたいゲームです。

楽しく学ぶpythonプログラミング図鑑の内容
amazonたのしくまなぶPythonプログラミング図鑑

著者のキャロル・ウォーダマンは、
「プログラミングの上達のコツは、のめりこむこと」と言っています。
プログラミングに是非のめりこんでほしいです。

プログラマーも一度でコードを完成させるのではありません。
バグ(まちがい)は友達だと思って、気楽に始めてみましょう。

最初は誰だって初心者です。
やりながら順番に覚えていきましょう。
さぁ、プログラミングをはじめましょう。