スポンサーリンク

ベネッセの子どものための「プログラミング ステップゼロ」をやってみました。

ベネッセコーポレーションは、2018年12月3~9日までの「コンピュータサイエンス教育週間」の趣旨に賛同し、無料のプログラミング教材「プログラミング ステップゼロ」を一般公開しています。
そこで、ベネッセの子どものための「プログラミング ステップゼロ」を紹介します。

ベネッセの子どものための「プログラミング ステップゼロ」

ベネッセの子どものための「プログラミング ステップゼロ」

「コンピュータサイエンス教育週間」

米国の非営利団体「code.org」を中心に2013年から始まったコンピュータサイエンス教育の普及を目的とした活動です。
期間中、1時間でもコンピュータサイエンスについて学校や課外活動で学んでみようという取り組み。
これまで180カ国以上で、約6.5億人が取り組み、2018年は全世界で約10万件のイベントが予定されています。
2018年日本では文部科学省・総務省・経済産業省が連携して立ち上げた「未来の学びコンソーシアム」が中心となり、各地で企業や学校を中心としたプログラミング教育への取り組みが行われています。

「コンピュータサイエンス教育週間」のためのベネッセの取り組み「プログラミング ステップゼロ」

「プログラミング ステップゼロ」は、各教科等でのプログラミングを行う前にプログラミングの概念に触れ、動作に慣れるためのScratchアプリ。
この「コンピュータサイエンス教育週間」中は、モデル校として埼玉県戸田市立戸田南小学校3年生が本教材に取り組んでいます。
なお、「プログラミング ステップゼロ」は一般公開のため、「コンピュータサイエンス教育週間」終了後も引き続き利用できるようです。

「プログラミング ステップゼロ」の特徴

対象学年:小学生(初めてScratchプログラミングに取り組む方を主な対象としています。
内容:キャラクターが学校に行くまでの道順をプログラミングするアプリです。順番に命令を組み合わせる「順次」、同じ動きを見出だしてその動作を条件を満たすまで続ける「繰り返し」、 そして条件により動作が変化する「条件分岐」へと無理なくプログラミングの概念を学ぶことができます。

1 Scratchの操作に慣れる
「教科の中でプログラミングを行う前に、Scratchの操作に慣れさせたい!」という声にお応えしました。
ブロックを動かして積み重ねるなどの基本的なScratchプログラミングの手順を体験し、慣れることができます。
2 基本的な概念を知る
順番に命令を組み合わせる「順次」から、同じ動きを見出してその動作を条件を満たすまで続ける 「繰り返し」へ、 最後に「条件分岐」へと無理なくプログラミングの概念を順番に学ぶことができます。
3 各自のペースで取り組める
児童が自分のペースで進めることのできる内容です。
既にプログラミングに詳しい児童でも、 初めての児童でも、スキルに応じて進めやすいペースで取り組むことができます。
「プログラミング ステップゼロ」のトップ より

ベネッセの子どものための「プログラミング ステップゼロ」

ほかにも、ベネッセには、各教科等におけるプログラミング教育の指導案共有サイト「プロアンズ」があります。

さぁ、ベネッセの「プログラミング ステップゼロ」で、プログラミングをはじめよう!

プログラミング ステップゼロのwebサイトで、「やってみる」の赤いボタンを押します。
すると、Scratchのサイトに自動で飛びます。

通学路①/ベネッセの「プログラミング ステップゼロ」

AdobeFlashPlayerが有効になっていないと、上手く表示されません。
そのときは、Flashの実行を「許可」しましょう。

ベネッセの「プログラミング ステップゼロ」で、プログラミングFlash有効

ベネッセの「プログラミング ステップゼロ」で、プログラミング

上手く表示されると、こんな感じ。
通学路の①が赤くなっていることを確認しましょう。

右側上の黄色い背景に書かれているのが問題文です。
左の絵で学校マークのところまで、男の子を動かしていきます。
ブロックが出来たら、左上画面の右にある緑色の旗マークをクリックし、男の子を実際に動かしてみましょう。
上手く出来たら通学路①はクリアです。
左中ほどにある通学路を②をクリックし、次のステージに進みます。

それでも、もし分からないときは、下記のベネッセのページが参考になりますよ。

通学路④/ベネッセの「プログラミング ステップゼロ」

通学路④/ベネッセの「プログラミング ステップゼロ」

問題文の下を見ると、ブロックにオレンジ色の「0回繰り返す」が加わっています。
これはループ(繰り返し)といって、ブロックの数を少なくカンタンにすることを助けてくれます。
階段状になっている学校までの通学路には、この「0回繰り返す」のブロックが使えそうです。

通学路⑥/ベネッセの「プログラミング ステップゼロ」

今度はループだけでは済まなさそうです。
まずは、今まで習ったところまでブロックを重ねて実行してみます。

通学路⑥/ベネッセの「プログラミング ステップゼロ」

そうすると、途中で止まってしまいました。
でも途中までは合っているようです。
右と左で対称になっていることに気づきました。
右と左にループの一群をそれぞれ作ってみました。

通学路⑥/ベネッセの「プログラミング ステップゼロ」

通学路⑦/ベネッセの「プログラミング ステップゼロ」

通学路⑦からは、「もし○○なら」の条件文が既に解答欄につながっています。
なので、それぞれの条件の場合の行動を入れればいいだけです。

最初は誰だって初心者です。
やりながら順番に覚えていきましょう。
さぁ、プログラミングをはじめましょう。