スポンサーリンク

【Scratch】スプリント100mランナー<レベル1>

左右の矢印キーを使ってプレイヤーが100m走をします。
片方のキーだけで走れないように不正防止も考えます。
ここでは、キーボード入力の使い方やメッセージの使い方などが学べます。

【Scratch】スプリント100mランナー<レベル1>

【Scratch】スプリント100mランナー

スプリントゲーム100mランナーを作る方法を学びます。
あなたはできるだけ早くゴールラインに到達するために、左右の矢印キーを使わなければなりません。

さぁ、【Scratch】「スプリント100mランナー」でプログラミングをはじめよう。

【Scratch】「スプリント100mランナー」で学べる知識

  • スプライトをアニメートする方法
  • キーボード入力の使い方
  • メッセージの使い方

まずは【Scratch】「スプリント100mランナー」の工程をかくにん

  1. スプリントのプロジェクトを開く
  2. スタートのカウントダウンを作成
  3. 走る
  4. ゴールをつくる
  5. 最速の人は誰ですか?
  6. 風景を追加
  7. チャレンジ 観客を追加

1 スプリントのプロジェクトを開く

スタータープロジェクトを開きます。
オンライン:スタータープロジェクトを開きます。
Scratchアカウントをお持ちの場合は、[ Remix ]をクリックしてコピーを作成できます。

オフライン:オフラインエディタでスタータープロジェクトを開きます。
Scratchオフラインエディタをダウンロードしてインストールする必要がある場合は、rpf.io / scratchoffにあります。

スタータープロジェクトでは、道路とゴールテープが表示されるはずです。

2 スタートのカウントダウンを作成

まず最初に、ゴールテープを地平線(道路上のいちばん遠いところ)に置きましょう。
ゴールテープのブロックをつくります。

【Scratch】スプリント100mランナー<レベル1>/ゴールテープの配置

できたらテストしてみましょう。
ゴールテープが地平線にちょこっと見えていればOKです。

つぎに、「◯◯と◯秒言う」ブロックを使って、カウントダウンをつくります。
カウントダウンができたら、その下に新しいメッセージ「スタートを送る」をつなげます。

【Scratch】スプリント100mランナー<レベル1>/カウントダウン

カウントダウンに音(サウンド)を追加しましょう。

3 走る

ゴールテープを動かすことで、プレイヤーが走っているようにみせます。
矢印キーを押したときにゴールテープを移動しましょう。
プレイヤーが100m走るまで、矢印キーを押すようにします。
そこで、新しい変数「きょり」をつくります。
「きょり」の表示は、画面の右上に配置します。

【Scratch】スプリント100mランナー<レベル1>/距離の表示

プレイヤーは100m走る予定です。
最初の「きょり」は「0」になります。
「きょり」の「0」設定を、先ほどつくったブロックの「緑の旗」の下にはさみます。

【Scratch】スプリント100mランナー<レベル1>/距離の設定

レースが始まったら、プレイヤーは100m走るまでスプリントします。

ゴールテープのブロック

【Scratch】スプリント100mランナー<レベル1>/100m走る

プレイヤーが左矢印キーを押した後にゴールテープが少し大きくなるようにコードを追加します。
「きょり」と「大きさ」は1ずつ増えていきます。

【Scratch】スプリント100mランナー<レベル1>/100m走る

ここまでできたら、一度テストしてみましょう。
左矢印キーを押すとゴールテープが大きくなりますが、道路に沿っては移動しません。

【Scratch】スプリント100mランナー<レベル1>/ゴールテープ

ここを直しましょう。
これを修正するには、キーを押すたびにゴールテープをわずかに下に移動するコードを追加します。
画面の上下はy座標で変更します。

【Scratch】スプリント100mランナー<レベル1>/ゴールテープ修正

もう一度テストしてみましょう。
こんどは、ゴールテープが道路に沿って近づいてきました。

それから、右矢印キーでも同じブロックをつくります。
「左向き矢印キーが押されたときまで待つ」のブロックを右クリックして、「ふくせい(複製)」をえらびます。

【Scratch】スプリント100mランナー<レベル1>/複製

できたブロックの「左向き矢印」を「右向き矢印」に変えて、くっつけます。
「きょり=100まで繰り返す」の中に入れましょう。

【Scratch】スプリント100mランナー<レベル1>/右向き矢印の追加

4 ゴールをつくる

ゴールテープのコスチュームを見て、コスチューム2に「ゴールテープが切られた絵」があることを確認しましょう。
プレイヤーがゴールしたらコスチューム2に切り替えるようにします。
レースの開始時には「通常の」コスチュームに切り替えるのを忘れないでください。

【Scratch】スプリント100mランナー<レベル1>/ゴールシーン
【Scratch】スプリント100mランナー<レベル1>/ゴールシーン

最後に音を追加するために、「すべてを止める」を「スプライトの他のスクリプトを止める」に変更します。
きょりが100になったら、きょりと大きさのカウントは停止しますが、音は再生されます。

【Scratch】スプリント100mランナー<レベル1>/ゴールの歓声

左右の矢印キーのどちらかだけを押すことでゲームが不正にならないようにしましょう。
これを修正するには、ゴールする前に各キーが押されたことを確認する必要があります。
追加する必要があるコードは次のとおりです。

【Scratch】スプリント100mランナー<レベル1>/不正防止

右矢印キーについても同じように。

【Scratch】スプリント100mランナー<レベル1>/不正防止

5 最速の人は誰ですか?

誰が最速でスプリントできるかを確認するために、ゲームにタイマーを追加しましょう。
新しい変数「タイム」をつくります。
タイムは画面の左上に配置します。

【Scratch】スプリント100mランナー<レベル1>/変数「タイム」の追加

ゲーム開始時には、タイムを「0」にします。

【Scratch】スプリント100mランナー<レベル1>/タイムの設定

ゴールテープのブロックで、下のコードを新しく追加して、ゲーム開始したらタイムを計測するようにします。
タイムを計測し誰が速いのか、きそ(競)いたいので、タイムは「0.1秒単位」にします。

【Scratch】スプリント100mランナー<レベル1>/タイムの設定

ここまでできたら、もう一度テストしてみましょう。
プレイヤーが100m走るのをタイムで計測してくれるはずです。

6 風景を追加

プレイヤーがスプリントするにつれて、木も動くようにします。
まず、木を配置し、緑の旗がクリックされたときにそれを小さくします。
木のブロックをつくります。

【Scratch】スプリント100mランナー<レベル1>/風景「木」の配置

レースが始まると、プレイヤーが100m走るまで木が動くように。

木のブロック

【Scratch】スプリント100mランナー<レベル1>/木の動き

そして、左キーを押して放すと、ちょうどゴールテープのように、木は大きくなり動くはずです 。

【Scratch】スプリント100mランナー<レベル1>/木の動き

一度テストしてみましょう。
ゴールに近づくにしたがって、木が道路に入り込んできました。

【Scratch】スプリント100mランナー<レベル1>/木の動き

木を道路から遠ざけるために、少し左右の位置を動かします。
左右の位置は、x座標で変更します。

【Scratch】スプリント100mランナー<レベル1>/木の動きを修正

右矢印キーについても同じことをする必要があります。
ゴールテープと同じように、「左向き矢印キーが押されたときまで待つ」を右クリックし、「ふくせい(複製)」をつくります。
ふくせいの「左向き」を「右向き」に変えて、「繰り返す」の中でくっつけます。

木のブロック

【Scratch】スプリント100mランナー<レベル1>/右向き矢印の追加

7 チャレンジ 観客を追加

プロジェクトには観客のスプライトがいくつか含まれています。
ステージ上に表示するには、「表示」アイコンをクリックします。

【Scratch】スプリント100mランナー<レベル1>/観客の追加

必要なコードは、すでにゴールテープや木に追加したコードと非常によく似ています。
ここは、自分で考えて動かしてみましょう。

【Scratch】カラーボールをキャッチするゲーム

最初は誰だって初心者です。
やりながら順番に覚えていきましょう。
さぁ、プログラミングをはじめましょう。